より良く働き、より良く暮らすことを実践するためのメモ用に、Scrapboxを使用し始めました。

これがブログの代わりになるかなあと思いましたが、ちょっと使って思ったことは、これはやはりメモ帳です。

ガシガシ書いて情報をため込んでこそ真価を発揮するのであろう、偉大なるメモ帳だという理解をしました。

より良く働き、より良く暮らす。

1人SOHOとして仕事をし始めた理由は、自分なりの働き方を求めたからです(ここで間違えてはいけないのは“自分らしい”ではありません。自分らしいことが決して良いことだとは思っていません。私らしい振る舞いをしたことで失敗をしたことは数え切れないぐらいにあります。だから決して私らしいということを肯定の対象にしてはいけないと思っています。時に自省は大切です)。

そして自宅の一室を拠点とし1人で働き続けている間に、働くことと暮らすことが重なって来て、より良く働くこととより良く暮らすことはイコールで結ばれたような感覚を持つようになりました。

これはサラリーマンとして働いていてはなかなか実現が難しいことに思います。1人SOHOはつまり「より良く働き、より良く暮らすためのひとりプロジェクト」なのだと、私自身以外にとってはあまり役に立たない結論を導き出しました。それが少しばかり気分転換になりました。

関連記事

今日から始まるコワーキング暮らし

「朗読のススメ」に乗っかってみる。